ミナミアオカメムシはボスニア・ヘルツェゴビナの夢を見るか?

ボスニア・ヘルツェゴビナには、「カメムシを家の中で見つけると、その家はまもなく金運を授かる」という言い伝えがあるそうです。

キマダラカメムシと死んでいたアシダカグモ

なんかグダグダしてるうちにまたキマダラカメムシの季節に。

f:id:insectmania:20210917224151j:plain

この後、手におしっこされた。カメムシが臭いのは腋の下から放出される臭いなので、おしっこは特に臭くない。

f:id:insectmania:20210917224521j:plain

ちなみにこの木に5匹くらいいたので、全部手に乗せて写真撮ったら良い絵になるかと思ったけど、乗せれたところで一人だったので多分写真撮れないと思ってやめた。

「すみませ〜ん、写真撮ってもらえますか」と声をかけてきた人が手にいっぱいのカメムシを乗せていたら皆さんはどうしますか。

 

 

 

 

f:id:insectmania:20210917224837j:plain

ばあちゃんちの壁で死んでいた巨大なアシダカ軍曹。

f:id:insectmania:20210917224914j:plain

こちらは動かないので撮り放題。この後、庭の植木鉢に葬った。

 

 

 

前回も書いたように暑かったり雨だったりであんまり外に散歩に出ていないので、振り絞るかのような虫の写真たち。

 

涼しくなった夜に散歩出た時にふと公園の手すりに手をかけたらそこに何かあったので、よくよく見ると黄金虫が交尾しており、

あああああ!ごめんっ!!と言いつつ、写真を撮ろうとしたのだが、暗くて全然撮れず。

 

とりあえずそのくらいのエピソードしかないので虫以外の話を。

 

 

 

f:id:insectmania:20210917225401j:plain

開け方が雑すぎて破れているのはともかく、この、うんちが臭わない袋。本当に臭わない。

200枚入りで1400円弱とかそれくらいで、1枚6〜7円するのだが、まあレジ袋も有料となった今、それほど高くもないのかもしれない。

とりあえずゴミの日が明日、とかいう日はすぐ捨てるのもなんかもったいないので、普通のポリで捨てたりとか、多少使い分けしつつ節約。

 

私は去年の夏場は生ゴミをゴミの日まで冷凍庫で冷凍していた。

これ、普通にやる人と、「信じられない!そんなことするくらいなら死んだほうがマシだ」と言う人にきっぱり分かれるようで、政治、宗教、野球の次くらいに「生ゴミを冷凍庫に入れるか否か」という問題は、社会人として話題にしないほうがいいカテゴリであると認識している。

私としてはすでに腐ったものを冷凍庫に入れるのは当然不衛生だけど、冷蔵庫に入っていた野菜、肉、などを一回出して、皮、食べられない部分、食べきれない部分を再び冷凍庫に戻してるだけだからなんら問題ないと思うものの、やっぱりなんとなく後ろめたい、そんな生ゴミ冷凍庫問題もこの袋を使えば考えなくて済むのでは、と思ったのだが。

f:id:insectmania:20210917230650j:plain

こいつが来てから24時間エアコンつけっぱなしで快適な温度にしているため、それほど生ゴミが臭うという問題がそもそもなくなったのであった。

ちなみに、使いかけた玉ねぎを冷蔵庫に入れる際、ラップで包んでこの袋に入れたら冷蔵庫の中が玉ねぎ臭くならないんじゃないのと思ってやってみたら、

当然臭いはしなくなったものの、冷蔵庫を開けて水色の袋を見ると、やっぱりどうしても「うんちを入れる袋」であるため、「ついに私は頭がトチ狂ってうんちを冷蔵庫で保管しているのか!?」と一瞬ビビってしまうので、次からやめようかとも思う。

夏のヤモリ

ここのところ仕事が忙しくすっかり更新が滞ってしまった今日この頃。

 

ファイザーワクチン2度目を8月初めに接種して、

念のため次の日休みにし、万が一にも私に突然何かあった時、猫が飢え死にすることのないように水を至るところに置き、オートフィーダーを1日2回作動させていたにも関わらず、幸い全く副反応はなく、それよりもなによりも仕事が忙しく、大雨警報は出るわ実家は浸水しかけるわ(幸いギリギリのところで免れた)、いろんなことが滞りに滞り、緊急事態宣言で在宅も増え、さらに混乱するかと思いきや、なぜかなんとか落ち着いてきたという、そんな夏。

 

落ち着いたら落ち着いたで何かしら忘れているんじゃないかと不安になる。

 

そんな感じで時間がなかったのもあるけれど、外が酷暑か大雨か、の、どちらかなもので、全然虫の写真も撮れていない。

 

f:id:insectmania:20210822130126j:plain

最近うちに現れる巨大ヤモリ 。やめて、その網、そこまで想定して設置してないから壊れるよ。

ちなみに、前回のブログで書いた瓜実条虫は2回目のブロードライン(首の後ろに垂らす薬)後、いなくなった。

中にはブロードラインだけでは駆除できず、経口薬や注射までしないといけないケースもあるそうなのに、むしろ、2回目でそんなすぐにいなくなるのなら、1回目なぜに効かなかったのか謎。

まあ、目に見えない別の虫がまだいる恐れもあるので、一度病院で検査してもらおうとは思っている。

 

 

【寄生虫】【閲覧注意】猫の尻から虫が出てくる話

外猫を家に入れたことのある人、あるいは飼い猫を外に出している人は知っている人も多いと思うが。

猫の尻からは結構虫が出てくるという事実。

 

これがもう本当厄介。

 

f:id:insectmania:20210717155100j:plain

見た目からしてかなりやばい様相の虫。4mm程度。伸び縮みするのでもっと大きく見える時もある。

その昔、海外ドラマXファイルに「うず虫男」という、下水道に人間ほどの大きさの寄生虫が潜んでいて人間に寄生するという恐ろしいエピソードがあったのだが、

まさに寄生された人が吐き出していた虫そのもの(というかまあ、ドラマがこの手の条虫を元にデザインしたのだろうけど)。

 

最初に書いたように、私の実家も昔は猫を外に出していたし、飼った猫はみんな元野良猫だったため、まあ、割と見慣れた存在ではあるものの、

やはり条虫を発見した時の心境はものすごい不快である。

 

先日うちにやってきた猫は無事去勢手術を終え、多少声も小さくなり、一時は具合が悪くなったものの復活し、

 

復活したと思ったら元気に尻から虫を産み始めた。

 

というか、うんちをするとほぼ100パーセントいる。うんちをしていない時でも、尻周りをチェックすると、大体60パーセントくらいの確率で虫を産んでいる。

 

もちろん、見つけ次第、ティッシュで取って捨てるのだが、もはやこの虫を見てもあんまり何も思わなくなってきた。

私の家に来る前に、ブロードラインという寄生虫駆除とノミ駆除の薬をしてもらっているので、 そのせいで虫が体外に排出されているものと思われるが、いつまで続くか不明。

その薬は1ヶ月に1回しかできないため、今月末までいなくならなかったら、追加で薬を使う、それまでとりあえず様子を見るしかない。それでもいなくならなければ、飲むタイプの虫下し。

というのが、獣医さんや知り合いの意見を総合して出した計画である。

 

この虫は、ちなみに尻から産み落とされてしばらく経つとこのようなゴマそっくりの姿に乾いてしまう。

f:id:insectmania:20210717165903j:plain

これはまだ乾きかけくらいだが、完全に乾くともうゴマそのものである。

嫌いな人にそれで胡麻和えを作って食べさせたらどうなるのかと

 

今回この虫について色々調べたら何点か勘違いをしていたことがあった。

・尻から出てくる小さい虫は幼虫ではなく、中の本体が千切れて一部が出てきている。

・ゴマ状のものは卵だと思っていたら上記の通り、時間が経って乾いた条虫の一部である

 

それを確かめた結果がこれ。

f:id:insectmania:20210717170332j:plain

ゴマに水をかけてたった3分!

f:id:insectmania:20210717170426j:plain

あらまあ、あの見慣れた尻から出てくる虫に!

果たしてこれはまた動き出すのかしら。

と思ってちょっと見ていたのだが段々飽きてきて、とはいえ、目を離してる隙に「あれ!いない!」などというホラー映画かサイファイ映画の序章のような展開になっても嫌なのでハイターかけて捨てる。

 

(ハイターをかければ世の中の都合の悪いものの80パーセントは滅される)

 

この後、さらに動いている虫をカッターで切って切断された両方がトカゲの尻尾のように動くのか、という実験も行ったが、カッターの切れ味が悪く、何回も切っているうちに、なんだか自分の行為に対して胸が悪くなってきたので、ハイターをかけて捨てる。

多分、動く。以上。

 

f:id:insectmania:20210717171141j:plain

飼い主の奇行に猫ドン引き。

私はお前を助けるために危険を冒して色々実験しているんだぞ。

 

 

 

ところで、猫の名前、「ブルー」に決めました。

ジュラシックワールド新シリーズのラプトルの名前からです。

歯肉炎で歯の調子があまりよくないので、ラプトル並みに丈夫な歯になって長生きしてくれればとの願いを込めて。

 

名前ブルーにしたよ、というと「ああ、怖がりだからブルブル震えてるブルーね」と勘違いされるくらいビビりなので、ちょっとしたことですぐ怒られていると思って逃げていってしまう。

 

f:id:insectmania:20210717171904j:plain

ジュラシックワールドで、ラプトルたちはこのクリッカーのカチカチという音を合図に調教されていたので、これでうちのブルーもしつけてゆくゆくは獰猛な番猫にしよう、と入手したところ、これの発する音が想像よりも死ぬほどうるさかった。

当然、ビビリのブルーにこんなものを使ったら一生嫌われてしまうに違いなくお蔵入りに。

というか、ブルーの鳴き声以上に近所迷惑になりそうなくらいうるさい。

 

ついにうちに猫が来てから去勢手術を受けるまで

基本的にブログの更新の間隔が空くのはいつものことながら、今回、突然にうちに猫が来てしまい、加えて仕事の繁忙期などが重なり、もう、なんか、よくわからないままに気がつけば7月、という事態。

 

f:id:insectmania:20210710163229j:plain

※頭からペットボトルが生えているわけではありません。

 

前にブログに少し載せた、捕獲しようとしていた猫とは全然別の猫が来た。

 

野良猫を去勢手術して放すから(いわゆるTNR)それまで預かってほしいと知り合いから連絡があり、事情を聞くと、最近近所をうろついていた猫を飼いたいという人がいたので、捕獲して獣医に連れて行ったところ、猫エイズ陽性。

その人の家は先住猫がいるので、感染を警戒したのかやっぱり飼えないということに。

それで、もう捕獲してしまってるので、去勢手術だけして地域猫としてリリースしたいものの、知り合いの家も事情があって置けず、手術までの2週間預かってもらえないか、という話。

いや、預かるのは良いよ。

ただし、そんな事情を聞いて返せるのか、返せないよ。と、預かる前から、多分、もうこのまま飼うんだろうな、と思いながら預かったのだが。

 

結論から言うとやっぱりそうなった。

 

f:id:insectmania:20210710164342j:plain

が。こいつ、夜中になると、ガーガーガーガー凄まじく鳴くのだ。その声はまるでカラスか恐竜のよう。

これが一軒家ならば、別の部屋に締め出すか、耳栓をして寝ればいいのだが、なにしろ賃貸アパートのため、隣の部屋に漏れてるのではと気が気でなく(というか絶対漏れてる)、「しいいいいいいっしいいっしいいいいいいいっ」となだめ続けること3日。

 

それはそれとして全然話変わるけど、この前、リーアム・ニーソンの「アンノウン」というベルリンが舞台の映画を見ていたら、それにちょっとだけ出てたリーアム・ニーソンを付け狙う殺し屋の1人が異常にかっこよく、急いで調べたら、世界的にはあんまり有名とは言えないドイツのStipe Ercegという俳優で。

YouTubeで、その人の出てる映画を探して、観ているのだが、もはや英語字幕すらない完全なるドイツ語コンテンツのため、さっぱり意味がわからないっていうか、なんならStipe Ercegっていう名前すらどう発音するのか私にはわからないのだけど、とにかく、まったく意味がわからなくてもイケメンが出てれば映画って面白いんだ、と思いながら、ドキドキする今日この頃。

 

で、寝ようとすると、恐竜が騒ぎ出すのである。

 

これはもしやサカリがつき始めているのではないのか。

手術まであと10日くらい。

 

ちょっと困ったので、知り合いに連絡したところ、獣医さんに聞いてくれて、曰く

「近くにサカリのついたメスがいないとそんなに騒ぎませんよ」

 

まさか…

 

…私がStipe Erceg にドキドキしていたからか?

 

という話はさておき、とにかく、このまま10日も耐えるのは精神衛生上よろしくないので、急遽、病院を変え、去勢手術の日程を繰り上げ。

 

果たして、手術をしたら恐竜の鳴き声はおさまるのか!?

つづく

 

 

 

【ミノムシ】【コフキコガネ】猫に関して思うこと

先日見かけたミノムシの中の人。

f:id:insectmania:20210616124019j:plain

f:id:insectmania:20210616124037j:plain

もっとよく見ようと思って手でつまんだら、

f:id:insectmania:20210616124333j:plain

スポッと中に潜ってそれきり出てこなくなってしまった。

ちなみにこれはミノムシのオス。

なぜ分かったかというと、オスはいもむしから蛾になるのに対して、メスは一生サナギのような姿で目も脚もないままだそう。

ミノの中でオスが来るのを待ってその場で子供を産んで死ぬだけとのこと。

なんという…。

 

f:id:insectmania:20210616124824j:plain

こっちは家の玄関の前にいたコフキコガネ(多分)。

ヒゲ(触覚)閉じてるけど、多分開いたらトナカイのツノっぽく広がるんだと思う。

f:id:insectmania:20210616125344j:plain

顔かわいい。

 

 

とかなんとかやってる日常なのですが。

 

 

 

猫が捕まらない

f:id:insectmania:20210616135432j:plain

金網があるのですぐには来れないことをわかっていて余裕ぶっこいている猫(デブ)。

 

そうこうするうちに、詳しい事情は長くなるので省くけど、知り合いの知り合いが子猫を2匹拾ってしまい、それを知り合いの知り合いの知り合いに預け、もらい手を探しているという件に遭遇し、それを知り合いの知り合いに相談したり、いろいろ奮闘した後、一時はもうちで引き取るしかないのか…しかし、2匹…どうする。

しかもそうすると、今捕まえようとしてる猫(上の写真の)は引き取れなくなる…。

 

冷静に、お金のことも考えると、離すのが可哀想とかそんな簡単に安請け合いできる問題じゃないぞ…と、悩みに悩み、なんか捨て猫を助ける会社を勢いで立ち上げてしまった夢まで見てうなされるも、結局2匹一緒に引き取れるという人が現れてもらわれていったそうなので、一安心するもちょっと寂しい。

うちに来たら「ラプトル」と「Tレックス」っていう名前にしようかと思ってたのに(呼びにくい)。

 

と、いうか、猫を捨てるな。手術しろ。

 

今捕まえようとしている猫も、いわゆる桜耳の地域猫なのだが(ボランティアで野良猫を捕獲して去勢、避妊をし、増えないようにして地域で面倒を見ていこうという活動をしている方達がいる)、やはり近隣でよく思っていない人もいるそうで、いくら桜耳でも、やっぱり猫がたむろしていると結局未手術の新しい猫がどんどん寄ってきてキリがないし、数が増えると良く思っていない人たちが最悪なことをしでかす、という事態もあり得るので、それならせめて1匹私が引き取ろうか、ということで、数ヶ月前から、その猫にご飯をあげてる人が捕まえようとしてくれてるんだけど、全然捕まらない、という事情なのだ。

私もたまにご飯をあげに行くけど、ろくに触らせてもくれない。

 

外でのびのびしてる姿を見ると、このままでもいいのではと思ってしまうけど、この猫は実際、一度尻尾を切られているし、そういう人がまだその付近をウロウロしていると思ったら、やはりうちで保護してあげたいんだけど。

 

地域猫、いてもいいと思うんだけどな。

糞尿が嫌っていうのもわかるけれど、今の日本は(日本だけじゃないかもしれないけど自分が体感として感じてるという意味で)人間同士も含め他の生き物への寛容さが足りなさすぎると思う。

中世ヨーロッパでは、魔女狩りで大量に猫が殺されたあと、天敵がいなくなったためにネズミが大繁殖し、ペストの流行に拍車をかけたと聞く。

猫は完全室内飼いが主流になってきているのはいいとして、地域猫までいなくなると、それこそ、同じようなことになるのでは、と、思うんだけど。

 

 

【サシガメ】TOEICの結果

泊まりで受けたTOEICの結果発表。

私、TOEIC嫌いだ嫌いだ言いながらなにしろ長年に渡って研究に研究を重ねているのでついつい記事が長くなってしまった。

 

ちなみに、私のTOEIC歴は2007年335点から始まり、その2年後の2009年、短期留学をした後に受けた時が555点。

その更に1年後の2010年に頑張って605点まで伸ばしたものの、なにしろ日常で英語を使う機会を作り切らず、その後2年おきくらいに受けてみるも500点台止まり。

 

2016年ごろ、その程度の英語力でも良いと派遣で雇ってもらった会社が外資で、大事なインフォメーションが英語で送られてくるし、なんかよくわからないうちにアメリカとの輸出入窓口になってしまうし、Yahoo翻訳(今は亡き)を駆使してなんとかする日々。

みんな自動翻訳は全然あてにならないからダメって言うけど、近年のネット翻訳は大変進化しているので多少の基礎知識があれば大体ネット翻訳でいける。

昔は「瓜二つ」を「two cucumbers(きゅうりがふたつ) 」とか訳してたらしいけど、今はそんなこともないし。

 

とはいえ、いちいちネットを使うのはめんどうだなーと思ったので、ここらでもう一回勉強するかと重い腰を上げ、1年間、勉強しては定期的にTOEICを受ける、ということを繰り返した結果。

2018年。

f:id:insectmania:20210523180642j:plain

なんんんんだよ!本気で勉強すれば30代でも1年でここまでいけるんじゃないか!

なにやってたんだ20代の自分!!(まあ20代の頃は忙しかったので)

 

この時どういう勉強をやったかというと、まず「出まくりキーフレーズ」「出まくりリスニング」という参考書を購入。

これはその名の通りTOEICに出まくる文章が延々と羅列されている本なのだが、それをとにかく読みまくる、聴きまくる、書写しまくる、もはやCDに合わせて空で喋れるようになるまでそれをやる。

というか、もうほぼまるごと暗記するくらいで。この本と一緒に心中しても良い、くらいの勢いで。

そこまでいくと大体基礎的な文法知識は入るので、そしたら、以前も書いた「TOEIC公式問題集100回読み地獄」の域に行けるわけだ。行きたくないけど。

この辺までで多分700点は取れるでしょう。

そこから更に半年ほど座学が数時間、1日平均15分〜30分くらいの100回読み、更に運転中1時間リスニングを、やると、800点が取れるでしょう。

 

ちなみに。なぜ私がこのような勉強を続けられたかというからくりを説明すると、この時私、仕事中むちゃくちゃ暇で、仕事中も数時間勉強ができていたので(さすがに音読は出来ないけど)、更に仕事が終わってから30分くらい100回読みをやればクリアできてしまったのである。ずるいよな。ずるいと思う。でも上司も別に勉強でもしてればって言ってたから。

 

が。

よく言うのだが「TOEIC高得点持ってても喋れない人」というのはいるもので、まさにそれになっているのではないか。と、思った私は、800点を越えた時点でTOEICの勉強をやめ、あとはオンライン英会話、映画やドラマを観る、英語のニュースサイトを見る、アプリで単語を勉強する、こういう生活を続けて、おのずとTOEICの点数が上がらないのであれば、それはTOEICがおかしいんでないか。

 

そういうわけで約3年間、勉強という形に拘らず、とにかく英語に触れる生活を続けて、どれだけ上がっているのか、と、今回はそういう機会だったわけである。

まあ、TOEICというテストの性質上どうしても慣れはあるので直前1ヶ月は100回読みをしたけど。

 

で、前置きが長くなったんだけど、今回私が目指してたのは、850点だったのだ。

 

 

3年間のとにかく毎日英語に触れる努力の結果。

 

f:id:insectmania:20210523183659j:plain

あと10点!!!!あと10点だった!!!!

会社の人事評価の目標に850点って書いたのに!!!

 

とはいえ、一気に猛勉強して850点取ってそこで嫌になってやめてしまうくらいだったら、1日5分単語アプリやって、あとは自分の好きな映画とかドラマ、あるいは友達と話して英語に触れる、という生活を何年も続けるほうが絶対いいと思うので、まあ、妥当なところかなあと、思う。

正直、日本で普通に生活してて下がってないだけでも結構すごいことなんだよ。自分で言うのもあれなんだけど。

 

長々と語りすぎてしまったので、最後は可愛い顔のシマサシガメの写真で締めようと思う。ピントが合ってないけど。

f:id:insectmania:20210523184924j:plain

ちなみにサシガメは英語でassassin(暗殺者) bugらしい。まあ国によっては深刻な病原体を運ぶしね。

【ナメクジ】【グンバイ】無農薬野菜が連れてきたおともだち

今回、ナメクジの写真が結構出てくるのでお気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人暮らしを始めて2年ちょっとになるが、先日、初めて「野菜を切っていたら虫がいた」という事態が起こった。

(あまり料理をしないので、こういう事態も少ない)

f:id:insectmania:20210515183053j:plain

無農薬のレタスを洗っていたらナメクジ(生きてる)。

あ、さっき虫って書いたけど、ナメクジは虫じゃないな。まあ広義で虫というとして。

 

実家は庭があったので、こういう時、ぽいっと庭に捨てれば問題なかったのだが、今はアパート住まいなので、めんどうくさいけれど着替えて外に出て捨てなければならない。

捨てて帰ってきたらまだいた、とかなったら嫌なので、入念にレタスを調べると。

 

f:id:insectmania:20210515183348j:plain

案の定。2匹とも2日間冷蔵庫に閉じ込められていたのに元気。

 

冷蔵庫に閉じ込められて「なんか寒いなあ。縮こまろう」

冷蔵庫から出されて「なんかあったかくなったなあ。動こうぬめぬめ」

 

この単純さ。

 

私はかつて虫が嫌いだった頃この単純さが奇怪に思えてとにかく気味が悪かったのだが、今になるとやっぱりそれは人間には真似できないもの、あるいは、いくら発展しようとも、結局は人間だってその場その場で縮こまったり一瞬悩みから解放されたり、そんな周囲の状況環境に翻弄されるということから逃れられないという運命をまざまざと見せつけられる不快さ的な?

 

で、今、私がナメクジをどう思うかというと。

f:id:insectmania:20210515184633j:plain

そら気持ち悪いですがな。

 

やめて、そのタッパーまだ洗って使いたいからそんなぬめぬめ動き回らないで。

しかも冷蔵庫に今朝作った椎茸の炒め物があるから今夜食べるつもりなのでやめて。

いや、よく見れば触覚が猫耳みたいで可愛いではありませんか、…いや、やっぱちょっと無理。

私は、ヒル、蛆虫、ミミズなどの粘膜が外側に出てる系はちょっと苦手かもしれない。

 

 

とはいえ、とにかく外に逃さなければならないので、タッパーと、うまくいうことを聞いてくれなかった場合のために割り箸を持って外へ出ると。もはや梅雨入りしているので雨。

このレタスは、農家さんがやっているお店で買ったものなので、その畑のあたりに逃がすのが一番いいと思い、徒歩10分くらいかけてそこまで行くつもりだったのだが、3歩くらい歩いた時点で、「つーか、この雨ならナメクジなんていたるとこにいるじゃないか。もうその辺に逃そう」という気持ちになった。

f:id:insectmania:20210515185457j:plain

さいなら。幸せに暮らせよ。

ちなみにナメクジの寿命は2〜3年らしい。意外に長い。

この後、しばらく、台所で水滴が動くのがナメクジに見えたり、椎茸の切れ端がナメクジに見えたりして何度か飛び上がりかけた。

自分で自分が情けない。

いや、ひとつはね、気持ち悪いって言うだけじゃなくて、知らない間に潰したり殺したりしたらすごく嫌なのよ。

 

だって死んだらもっと気持ち悪いじゃん。

 

やっぱり気持ち悪いものは気持ち悪いので、これからは虫をきもちわるーいきもちわるーいと必要以上に大騒ぎする女子を少し暖かかい目で見ようと思った。

 

そして機会があればそのうち克服する。ナメクジ。

 

最近見かけた他の虫。

f:id:insectmania:20210516224546j:plain

アワダチソウグンバイ

f:id:insectmania:20210516224614j:plain

こんな感じで耳垢のようにカサカサと群がっている。

これ、カメムシ目らしくて、こんな風に口針で葉っぱを吸っています。

f:id:insectmania:20210516224858j:plain

ちなみに、セイタカアワダチソウはかつてアレルギーの原因とされて忌み嫌われていたけど、あれはマスコミが早とちりして流したデマらしい。

本当に花粉症の原因になるのはブタクサらしいんだけど。

しかし、私、花のない状態の植物っていくら写真で見比べても違いがいまいちわからないので、この虫が群がってるのがセイタカアワダチソウなのかブタクサなのか見分けられないのだ。アワダチソウグンバイが群がってるということはアワダチソウなんじゃないかと思ったら、アワダチソウグンバイはブタクサも好きらしいのでよくわからない。

花が咲いてない限りは花粉症も出ないと思うのでまあいいや。